新着情報

あぼしまち街歩き

11月18日、爽やかな秋晴れの下、姫路西RC50周年記念事業第1弾「あぼしまち街歩き」が70名を超す参加を得て行われた。
盤石師で有名な龍門寺から始まり、「雪の朝二の字二の字の下駄のあと」の句を詠んだ元禄四俳女の一人田田女が創建した不徹庵、網干ゆかた祭りで有名な大覚寺で洋洋崩壊で有名な山本家住宅と見て回った。
特筆すべきは元全仏教会長・龍門寺住職河野太通老師、前京都永見堂禅林寺法主・大覚寺中西玄禮前住職の話が聞けたこと二人の組合せは、仏教好きにとっては夢のコラボである。今回見られた街を歩くために、身近に著名な方がいらっしゃり、意外な名勝・古刹があることを知った、重要なものであった。

永岡準司会員

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。